男の子も大満足!家計に優しい胸肉で節約ガッツリレシピ5選

男の子も大満足!家計に優しい胸肉で節約ガッツリレシピ5選

はじめに

食べ盛りの男の子はお肉が大好き。我が家の3歳のおちびさんもお肉が大好き。小さい癖に食べる量は私と変わりません。ですがお肉ばかりだと家計は圧迫されて大変です。できれば食費は節約して低く抑えたいですよね。そこで今回は我が家でヘビロテの、お安い胸肉を使った男の子も大満足のガッツリレシピをご紹介したいと思います。

 

1. 食べ放題だよ、胸肉で焼肉!

子どもも夫も大好きな焼肉。100g 40円の胸肉を使えば、500円で十分おつりがきます。普通に包丁で切って焼肉のたれに付け込んでもよいのですが、我が家では更にかさ増しのために、一旦冷凍したお肉を半解凍して、極薄切りにしています。焼肉のたれも手作りすると更に節約になります。味噌と醤油、砂糖、生姜、ニンニクを混ぜあわせるだけで十分に美味しいタレができますよ。

 

2. これが胸肉!?柔らかジューシーなカツ

まな板に横長においた胸肉を1~1.5cm厚のそぎ切りにしていきます。後は普通にカツを作るように小麦粉、卵、パン粉をつけて油で揚げていきます。パッと見ヒレカツの様で、食べても柔らか~い美味しいカツの出来上がりです。豚肉で作るよりさっぱりして脂の臭みがなく食べやすいので我が家では胸肉カツの方が人気です。愛知県で生まれ育った私が作ると高確率で味噌カツになります。味噌だれの作り方はとても簡単なので一緒に紹介しておきますね。鍋に味噌と同量程度の砂糖を入れ少量の水でよく溶きます。甘さを確認したら、かき混ぜながら沸騰させてお好みの硬さになれば出来上がりです。

 

3.皆大好き!から揚げ

普通はもも肉で作るから揚げを胸肉で作ります。パサパサしやすいので、30分以上時間をかけてしっかり下味を浸み込ませ、強めの中火で短時間で揚げます。この2点を気を付けるだけでしっとり美味しいから揚げが出来上がります。我が家は甘めの味が好きなので、砂糖、醤油、酒、生姜で下味を漬けます。ニンニクを加えるとさっぱりした胸肉にコクが出て美味しさが1ランクアップしますよ。

 

4. タレだけでも美味しい、味の変化を楽しむ鳥南蛮

3.のから揚げの下味をつける時間を削りたい時にはこちらがおススメです。タルタルソース用の卵をゆでている間に、下味無しでから揚げを揚げていきます。揚がったら砂糖、醤油、酢で作った甘酸っぱいタレに漬けていきます。器にゆで卵を入れてスプーンでザクザク混ぜ、みじん切りにした玉ねぎ(無くてもOK)と塩コショウとマヨネーズを加えて混ぜたらタルタルソースも完成です。タレだけで食べても美味しいので我が家ではタルタルソースは別添えにして味の変化を楽しんでいます。

 

5. 辛みが食欲をそそる、揚げ鶏のネギソース

こちらも下味無しのスピーディーから揚げです。もちろん時間があれば醤油とお酒で下味をつけて臭み取りをすると更に美味しく頂けます。一口大のから揚げに砂糖、醤油、酢の甘酸っぱいタレに刻んだネギと少量のごま油と豆板醤を加えた香り豊かなソースをかけていただきます。辛みが苦手な方や子供用には豆板醤を入れる前のタレを取り分けておくといいですよ。

 

つけあわせ

付け合せはキャベツの千切りでも良いのですが、野菜をたっぷり採りたい我が家ではレンチンの蒸し野菜が定番です。とっても簡単でしっかり野菜が取れます。お安いもやし一袋にキャベツの千切りやピーラーでスライスしたニンジンをのせて、ふんわりラップをかけてレンジで3分程チンします。お好みでポン酢やごまドレッシングをかけて頂きます。

 

おわりに

どのレシピも胸肉2枚、300円でかなりの量が作れますよ。子供も夫も大満足のガッツリ胸肉レシピ。家計がピンチだけれどお肉が食べたいとう時にぜひ作ってみてくださいね。

節約カテゴリの最新記事