子供と一緒に作る簡単フレンチトースト

子供と一緒に作る簡単フレンチトースト

はじめに

子供と料理を作りたいけれど危険そうでどこまでやらせていいか不安という方向けに、我が家で実践している子供と作るお料理レシピを、お手伝いできるおよその年齢も併せて紹介していきたいと思います。

 

3歳になる上の息子は料理が大好きで、1歳8ヵ月になる頃には一緒に包丁で野菜を切ったり、一緒に火のついたフライパンで食材を炒めたりしています。危険はありますが子供自身が手を切ったり熱かったり危ないという自覚があるので、私の心と時間にゆとりがある時はお手伝いしてもらっています。

 

今回は子供も大好きなフレンチトーストです。お手伝いポイント満載ですよ。

 

注意!

包丁や火を使うお手伝いは、必ずおうちの方が料理をしている所を何度か子供に見せて危険なことを子供が理解してからにして下さいね。その時に「包丁は固い野菜が切れて危ないね、指も切れちゃうよ」「火は熱いね。お肉がじゅうじゅう焼けているフライパンも熱いから触っちゃだめだよ」「お湯はゆげぼうぼうで熱いね」など言葉をかけてあげると効果的です。

 

材料

・5~6枚切りの食パン2枚

・卵  1個

・砂糖 大さじ1.5(甘さ控えめなのでお好みで調整してください)

・牛乳 3/4カップ

 

作り方&お手伝いポイント(色付き部分、年齢はあくまで目安です)

  1. ボウルに卵を割り入れる

★3歳頃~。力加減が難しいのでボウルの中でやってもらいましょう

  1. ボウルに砂糖大さじ1.5を入れて、泡立て器で混ぜる

★1歳半頃~。砂糖をすくう作業はこぼれるのが嫌なら3歳頃から。

3. 牛乳を加えてさらに混ぜる

★1歳半頃~。

4. パンの耳を切り落とし、お好みで2等分や4等分に切る

★1歳半頃~、危ないので大人と一緒に。

  1. 3の卵液に耳なしパンを浸す。液に余裕があれば耳も浸し、卵液がパンに吸収されるまで15分程待つ。

★1歳半頃~。

6. テフロン加工のフライパンに5.のパンを並べてから、火をつけ弱火で焼きます。

★1歳半頃~、大人と一緒に。

7. キツネ色に焼き目がついたらフライ返しで裏返し、蓋をして反対も焼き、お皿に盛りつけたら完成です。

★1歳半頃~、大人と一緒に。裏返し作業はフライパンが熱いのでやらせていません。

 

おわりに

甘さ控えめなので、お好みでメープルシロップやジャム、はちみつ、お砂糖などをプラスしてくださいね。一緒にウインナーやミニトマト、ブロッコリーなどを盛り付けると、立派なワンプレートランチになりますよ。

子供と一緒にカテゴリの最新記事